Apotool&Box for Dentist

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

院内の業務効率を飛躍的に向上させます

Apotool&Boxは誰でも、いつからでも始められるように設計されています。
新規患者さんの作成、次回予約の作成そして予約変更までもが、簡単に操作できます。

Apotool&Boxならその約束を果たせます!

約束1院内の業務効率を飛躍的に向上させます約束2患者さんの通院状況と来院状況を
把握します
約束3スタッフだけでなく、経営面においても 院長の役に立ちます

理由その1 医院全てのスタッフの業務を軽減します。

Apotool&Boxは誰でも、いつからでも始められるように設計されています。
新規患者さんの作成、次回予約の作成そして予約変更までもが、簡単に操作できます。効率良く予約を取ることを考える様になり、日々の患者さんの数が確実に増えます。
「紙のアポ帳だと1つしかないので、いろいろなところに持ち歩いていたが、Apotool&Boxならどこのパソコンからも見られる。」
多くの歯科医院様からのお言葉です。今まで、当然だと思われていたアポ帳の取り合い。実は、とても多くのストレスがあったのです。単純なことですが、このアポ帳の取り合いがなくなるだけで、様々な良い効果が期待できます。
タブレットやスマホでも、Apotool&Boxは大活躍します。
ご契約頂いている多くの歯科医院様では、スタッフの方が朝の通勤途中に、その日の予約を確認しています。それにより、その日の動きが予想でき、朝のミーティングも充実し、一日のスタートが断然に良くなっています。

理由その2 スタッフ間の情報共有を円滑にします。

紙のアポ帳だと、他のスタッフの文字が読みづらいなど、予約の作業がスムーズにいかない場合があります。
Apotool&Boxは、使う人を選ばないので、誰でも患者さんの様々な情報が簡単に取り出せます。例えば、患者さんの誕生日に「歯ブラシプレゼント」を行うことも簡単にでき、多くの歯科医院様に喜ばれています。
スタッフ間の伝達漏れなどのケアレスミスがなくなります。
事実、Apotool&Boxを導入された多くの歯科医院様から、「情報共有が、断然に良くなった。物事の優先順位がつけられるようになった」というお声を頂いています。院内での情報を 一箇所にまとめることで、混乱が防げ、業務運用の均一化が図れるのです。

理由その3 窓口の混雑を緩和させます。

通常、会計時に予約を取ることが多く、受付窓口が混雑することがあるのですが、混雑時には会計前に予約だけを取っておくとかチェアサイドで予約を取るなど、紙のアポ帳には出来ない柔軟な対応が可能になります。
患者さんの医院に対する印象もより良くなります。
普段の診療の中で、患者さんが受付で予約の確認をされることがあります。 紙のアポ帳では、お名前と予約月日をお聞きして調べていたところを、Apotool &Boxでは、カルテ番号や患者さんの名前、電話番号のいずれかを入力するだけで将来の予約と過去の来院履歴が一瞬にして確認できるのです。 こういった些細な日常の業務の効率化が患者さんの印象を高めるのです 。
「受付で患者さんを待たせるのは……」 どこの歯科医院様でも同じ思いです。
患者さんから予約の電話があっても、カルテを探して過去の治療内容や担当者を探す必要がなくなり、電話口、で患者さんを待たせることがなくなります。
約束1院内の業務効率を飛躍的に向上させます約束2患者さんの通院状況と来院状況を
把握します
約束3スタッフだけでなく、経営面においても 院長の役に立ちます

Apotool&Boxを始めるなら

使って試す

実際のApotool&Boxの画面で
貴院の運用を想定してお試しください。

使い始める

Apotool&Boxをいますぐスタート!

TOP