Apotool&Box for Dentist

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ご利用中の医院様の声


  • 阿部 ヒロ先生
    スムーズな受付業務は、医院側だけでなく、患者様にもメリットを生んでいます。
    医療法人社団輝未来
    あべひろ総合歯科
    理事長
    阿部 ヒロ先生
    アポツール導入前はアポイント帳を取り合い、譲り合いながら対応していたため、非常に非効率でした。その非効率な時間を改善できただけでなく、クラウド化できたことで情報の紛失を防止することができ、仮にPCが故障した場合でも他のPCで即時業務に当たれるため、情報の危機管理としても機能しています。 混雑時には会計前に予約だけをとるなど柔軟に対応できるようになったため、スムーズな会計ができるようになり、医院側だけでなく患者様にもメリットを生んでいます。
  • 吉野 敏明先生
    予約確認のメール自動配信で、キャンセルが減りました。
    医療法人社団 誠敬会
    吉野歯科診療所
    会長
    吉野 敏明先生

    これまでは予約済みの方には特にご連絡をしていませんでしたが、アポツールで患者様全員に予約確認メールを送るようになってからは、患者様が日にちを間違って記憶していたことなどによるキャンセルが減りました。
    予約を忘れることなくご来院いただけているようで、患者様からの評判も良いですね。
    予約変更もリアルタイムで反映されるので、情報修正も楽になりましたし、ペーパーレスも実現できました。

  • 安斉 昌照先生
    やっとうまくいきそうなシステムを見つけることができました…
    あんざい歯科医院
    院長
    安斉 昌照先生

    Apotool&Boxを導入するまで紙のアポ帳で予約管理をしていました。

    もうこれがかなり大変で、治療の予約を取る際にお電話でされる方も多く、アポイント帳をめくりながら患者様の予約を探したり、棚に閉まってあるカルテから次の治療内容を確認して、次の予約日時がいつか予測しながら紙のアポ張から探したりと、受付スタッフの業務の負担になっていました。

    さらに、従来使っていたweb予約システムだと1件予約が入るごとにFAXが送信されてきて、しかも、その時間帯で予約が取れないことも多く、電話をしないといけないのですが、電話をしても全く繋がらず、来院されるのか、されないのかもわからず、現場が混乱する上に来院数も減ってしまい、課題だと感じてしました。

    何とかして予約システムを導入したいと考えていた時にApotool&Boxを紹介してもらい、操作も簡単でスタッフもこれなら使えるということだったので導入を決めました。

    営業の方も丁寧に説明しに来てくれましたスタッフも「ばっちり使えそう。Outllokみたいに操作方法もわかりすい」と言っていたので、これからどうなるか楽しみです。

  • 天川 由美子先生
    Apotoolは、アポ帳ではなく、自費カルテだと思っています。
    天川デンタルオフィス外苑前
    院長
    天川 由美子先生
    患者様の情報を徹底管理するためにアポツールを導入しました。アポ帳としてだけでなく、自費カルテとしても活用しています。 業務改善の効果でしょうか、導入前に比べると、患者様の来院頻度が約1.5倍になりました。 システムに限らず、何かツールを導入した際はスタッフと話し合いながら運用ルールを細かく決めることでその良さを最大限引き出すように心がけています。 例えばアポツールではどこにどんな情報をどのタイミングで入力するか、入力された情報をいつ見るか、見たらどうするかなどを決めているので、当院のスタイルに合ったスムーズなオペレーションを実現できています。 今後も新しい機能で当院に合うものがあれば取り入れていきたいと思います。
  • 大山 明博先生
    今までのノートでは全く管理できていなかったことに気づきました。
    おおやま歯科医院
    院長
    大山 明博先生
    かなり前から予約システムを導入したくて、いろいろな資料を取り寄せて話も聞いたりしていましたが、どれも導入には至りませんでした。たまたま立ち寄ったデンタルショーで見たアポツールはデザインも良く、医院や患者さんのことを考えて作られていることを知り、導入しました。 重複予約もよくわかるようになり、今までノートでは全く管理できていなかったことに気づきました。 どんどん使い勝手も良くなってますし、今後も期待しています。
  • 瀬尾 尚弘先生
    患者様の管理はもちろん、スタッフ個人の業務評価管理にも使えそうです。
    ののいち歯科クリニック
    院長
    瀬尾 尚弘先生
    長年使っていた他社システムからアポツールに替えました。 患者様の治療履歴や来院履歴がひと目でわかりますから、素早い対応ができますね。 当院は家族で来院されている方が多いのですが、アポツールでは家族単位で情報が確認できるのでスムーズな対応ができますし、どのチェアにいても情報が把握できるように構築しているので、診療室を走り回らなくて良いのも助かります。 患者様の管理はもちろん、スタッフ個人の業務評価管理にも使えそうです。 紙が不要になれば環境にも貢献できますし、医院のカルテ置き場に困らなくて済むようになりますね。
  • 園延 昌志先生
    まさに、管理会計の必要性が、歯科医師にも求められる時代です。そのきっかけが、Apotool&Boxなのです。
    医療法人社団 SDC
    オーラルビューティークリニック白金
    理事長
    園延 昌志先生

    これまでは医院の経営状態を把握するためにデータの集計作業を行っていましたが、大変手間の掛かる作業でした。Apotool&Boxを導入してからは受付が毎日の予約を取る操作を行うだけで必要なデータが蓄積されていくので、集計作業から開放されてより分析に時間を割くことができるようになり、とても楽になりました。これからは管理会計の必要性が、歯科医師にも求められる時代です。そしてそのきっかけこそが、Apotool&Boxなのです。

  • 小林 建先生
    わざわざカルテを見なくても良くなったので時間の使い方も変わりましたね。
    医療法人社団 TDC
    ルネス青山デンタルクリニック
    院長
    小林 建先生
    特記事項や電話をしなければいけない患者様など、様々な情報をスタッフ全員が掲示板や日毎メモに入力して上手に情報共有しています。 どこを見れば良いかなどの院内のルールを決めるだけで情報共有が簡単にできるようになりました。 しばらくいらしてない患者様も簡単に把握でき、すぐにメールを送ることができるので、患者管理やメール機能も便利に使っています。 わざわざカルテを見なくても良くなったので、時間の使い方も変わりましたね。
  • 大谷 一紀先生
    簡単な操作と見やすい画面でスタッフも抵抗なく使っています。
    大谷歯科クリニック
    院長
    大谷 一紀先生

    Apotool&Boxの魅力は画面が見やすくて操作が簡単なところですね。当院では70歳を超える母が受付を担当しているのですが、Apotoolを完全に使いこなして毎日予約を取っています。パソコンに慣れていない人でもサクサク使えるのが良いですね。知り合いの医院さんに行く度に色々な予約システムを目にしますがどれも見にくく、その度やっぱりApotoolにしてよかったなと思います。

    またどこからでも予約の状況を確認できる点も良いところだと思います。診療室で次の予約を確認したり、外出している時でも医院の状況を把握できたり、とても便利です。

    今後は診療計画とも連動してくれればもっと便利になると思います。これからもApotool&Boxに期待しています。

  • 石橋 翼先生
    子どもの患者が多いといった動向もすぐにわかるのが良いですね。
    医療法人社団 翼友会
    羽田エイル歯科
    理事長
    石橋 翼先生
    以前は紙のアポ帳と技工物ノートを分けていましたが、アポツールでは患者様の予約に技工物の情報がひもづけられるので、本当に管理がしやすくなりました。 カレンダー上で予約を色分けできることも視覚的にわかりやすいですし、アポイントの全体的な流れや動きも把握しやすくなりました。 蓄積された情報がワンクリックで統計データとして表示されるので、例えば「今は子どもが多い」といった動向もすぐにわかるのが良いですね。 慣れてしまえば手書きよりもパソコンで入力したほうが早いことに気がつきました。
  • 行田 長隆先生
    経営的な視点があるシステムなので、非常に魅力的です。
    南池袋友和デンタルクリニック
    院長
    行田 長隆先生
    経営者は売上の構成要素を知らなければなりません。これまで当院では独自に分析をしていましたが、これが結構大変でした。月の売上がどのメニューで構成されていて、“何”が足りないのかについて、リアルタイムに分析を活用できることは非常に魅力的です。 スタッフ間の情報共有もスムーズで、漏れもなくなりましたね。出勤者がひとめでわかるので、複雑なシフトでも間違って予約を入れることなく対応できています。
  • 髙橋 由先生
    スタッフとの情報共有がスムーズになり、ストレスが減りました。
    セントラル歯科医院
    院長
    髙橋 由先生
    当院では患者様の情報を細やかに正確に全員で共有することを大切にしています。 予約情報はもちろんのこと、禁忌事項や特記事項もアポツールでしっかり管理できるので、患者様の対応にも役立っています。 院長にはスタッフの指導などマネージャーとしての側面も必要ですが、日毎メモや掲示板を活用するとうまく管理ができるので、ストレスも減りました。 医院のスタイルにフレキシブルに合わせられるところも良いと思います。 もともと患者様に寄り添ったメールコミュニケーションができることがアポツール導入の決め手だったので、今後はますますメール機能も活用していきたいと思います。
  • 熊谷 靖司先生
    患者様と医院の距離が、思いっきり近づいたよね。
    熊谷歯科医院
    院長
    熊谷 靖司先生
    アポツールのメール機能や患者管理機能を使うことで、これまでの業務の手間を省きながらも患者様との関係はより緊密になりましたね。節約した時間を有効活用できるようになり、院内のマンパワー問題も解決です。 ストレスから解放されたことで、頭の中が楽になり、治療に集中できるので助かってます。 また、簡単に中断患者がわかるので、フォローができるようになりました。負の財産だった中断患者が財産になったのは大きな収穫です。
  • 若林 健史先生
    医院経営で大切なことは、相手のことがどれだけ見えるか、だから。
    医療法人社団 真健会
    若林歯科医院
    理事長
    若林 健史先生
    毎朝全員でアポツールを見ながらミーティングをします。予約メモや患者メモを活用することで、より細やかな情報共有ができるようになりました。曜日によって出勤しているスタッフが異なりますが、患者さんに関する様々な情報をアポツールで一元管理しているので、もれなく情報共有することができ、医院の品質維持にも役立っていると思います。 患者さんの生活背景や家族構成までスタッフ全員で徹底管理することで患者さんとの関係を良好に保っています。 アポイント情報をもとにメール配信できるので、情報発信にも役立つメール機能をますます使いこなしていきたいですね。
  • 平野 啓行先生
    時間に余裕ができた分、患者様にいたわりの言葉をかける余裕ができました。
    平野歯科クリニック
    院長
    平野 啓行先生
    患者様から予約確認のお電話があったとき、紙のアポ帳だと受付の記憶を頼りにページをめくって探すこともありましたが、アポツールならすぐに検索してお答えできるのでスムーズです。情報が整理されたことで業務効率化ができ、空いた時間を患者様とのコミュニケーションに充てらるようになりました。また、患者様の継続状況も分かりやすく、コミュニケーションのきっかけも教えてくれるので助かっています。 今まで紙のアポ帳にいかに時間をとられていたかに気づきました。 無駄なチェアの空き時間が減り、治療の流れが良くなって、稼働率も上がりましたね。
  • 檜山 雄彦先生
    予約の見える化で業務効率が上がりました
    ひやま歯科クリニック
    院長
    檜山 雄彦先生
    予約変更のお電話をいただいた時もカルテを探す時間がない分、患者さんをお待たせすることがありません。また、簡単かつ正確に予約変更ができるのでスタッフも助かっています。 予約の見える化で、空いているところがすぐにわかりますし、個人の履歴もすぐに把握できるので、管理もしやすくなりました。 キャンセル数やリコール管理などのデータ取得もスムーズなので、スタッフの業務負担軽減にも役立っています。
  • 浜島 均先生
    Apotoolを導入することで、優秀な受付をひとり雇ったようなものです。
    医療法人社団 相生会
    理事長
    浜島 均先生
    他社システムからアポツールに切り替えました。 様々な情報管理がひとつのシステムで楽にできるようになったので、新しいスタッフへの教育時間も短縮でき、指導する側の負担も減りました。アポツールの設定をうまく使うとアポミスもなくなります。 コスト削減だけでなく、医院の品質維持にも貢献してくれていますね。 また、これまでデータ分析は本部スタッフがアナログでやっていましたが、アポツールで自動作成されたグラフをリアルタイムで見ることができるようになったので、本部スタッフも助かっています。

Apotool&Boxを始めるなら

使って試す

実際のApotool&Boxの画面で
貴院の運用を想定してお試しください。

使い始める

Apotool&Boxをいますぐスタート!

TOP