fbpx

お役立ち情報

Web予約が断然、良いですね。随分と楽になりました。

 

導入を頂いてから、8ヶ月を過ぎた武蔵新田にある、まつ歯科クリニックの院長松浦先生にお話しをお伺いいたしました。

%e6%9d%be%e6%b5%a6%e5%85%88%e7%94%9f

武蔵新田まつ歯科クリニック

院長 松浦宏彰

<主な経歴>
1991年 新潟県立新潟高等学校卒業
1997年 国立新潟大学歯学部卒業
1997年 御茶ノ水歯科勤務
1998年 ライオン歯科勤務
2013年 ライオン歯科退職
2013年 武蔵新田まつ歯科クリニック開院

2003年 小児矯正 咬合育成ベーシックコース受講
2007年 インプラント臨床研究会100時間コース受講
2008年 ニューヨーク大学卒後研修プログラム受講
2010年 南カリフォルニア大学ジャパンプログラム受講
2011年 ペン、ハーバード大学研修プログラム受講

 

ーApotoolを導入いただいてから、8ヶ月が経ちますが、お使いいただいて便利になったなと思う所は、どこになりますか?

%e5%b7%ae%e3%81%97%e8%be%bc%e3%81%bf%ef%bc%91Apotoolを導入する前までは、レセコンの備え付けの予約システムと紙のアポ帳の2つを使っていました。いわゆる、2重管理を行っていたのですが、、、紙のアポ帳には予約が入っているのにレセコンの予約システムには予約が入っていなかったり、、、その反対もあったりして、結構、予約管理に神経を尖らせる日が続いていたのです。そこで、MID−Gの賛助会員でもある㈱ストランザのApotoolを導入すると絶対に便利になると思い、導入を決めたのです。

 

 

 

 

ーなるほど、導入はスムーズに行きましたか?

実は、導入前は、全スタッフから猛烈に反対をされたのです。

当然ですよね。レセコンの備え付けとは言え、一応、予約システムは導入していたのですから。それでうまく行かないのに、また新しいシステムを導入するとなると、それは、それは全員が反対するのは当たり前です。

 

ーそれでも、導入されて、今はスタッフの皆さんは何ておしゃっていますか?

%e5%b7%ae%e3%81%97%e8%be%bc%e3%81%bf2今は、本当にアポミスが皆無と言ってもいいほどで、あんなに反対していたスタッフも今は、大変、満足しているようです。

受付にあるレセコンのPCでApotoolを使える様にしていて、診療ゾーンでは、iPadを活用しています。予約の状況が常にわかるので、一日の診療計画をたてるのも非常に楽になりました。

それから、院長の知り合いから日曜日に電話がかかってきても、クラウドで動いているApotoolならすぐに予約状況をお知らせすることができるので、ここも思いの外、便利さを感じています。

 

ーその他、アポツールを導入して変わったことってありますか?

Web予約が、断然、良いですね。日曜日や診療時間後の予約をWeb予約にすることにより、随分と楽になりました。

今の世の中の流れを考えると、きっと患者さんもWeb予約に抵抗がなくなってきているのでしょうね。当院では、このWeb予約が非常にありがたいです。中には、主訴に関して細かくメモを入れてくださる患者さんもいらしゃって、良質な患者さんの獲得にも貢献してるかなって感じています。

 

 

ーこの年末までに、ApotoolWeb予約機能が大きく改修されます。具体的には、患者さんが見えるUI,つまり画面のデザインが一新されます。より患者さんの操作性を上げることで、良質な患者さんを獲得していただきたいと願っています。勿論、片方では、様々な制御機能も搭載して、悪質な患者さんをシャットアウトできるようにも工夫もされています。

 

%e5%b7%ae%e3%81%97%e8%be%bc%e3%81%bf3それは、楽しみです。Apotoolは、結構、早いサイクルでバージョンアップがされるので、本当にApotoolを導入して良かったなと、つくづく思いますね。そして、何よりもクラウドで運用されている様々な他のシステムとの連携が取れるのも、本当に魅力的です。今日もKing of Timeという勤怠管理の会社さんをご紹介頂きましたが、勤怠システムで入力されたシフトデータがApotoolにも自動で反映されるのも、歯科界では画期的ですよ。

 

 

 

ーありがとうございます。我々はMoney Forwardとの業務提携に続き、他のクラウド系のIT会社とも、どんどんデータ連携していきます。最後に、今、Apotoolの導入を迷われている歯科医院さんに一言お願いできませんか?

はい。何よりもApotoolの魅力は情報の一元化ですね。うちは、予約管理こそシステム化しましたが、未だにタイムカードを使っていますし、給料も現金封筒で手渡ししています。IT化が遅れているのはわかっていたものの、中々、うちの医院にフィットする様なものが見当たりませんでした。そこを「思い切ってIT化に」への後押しをしてくれたのが、Apotoolでした。これから、勤怠から給与計算、そして給与振込まで、㈱ストランザと提携しているMoney ForwardKing of Time と一緒に作っていければと期待してます。

 

 

ーこれからも松浦院長の期待に添えるように、出来る限りの効率化と正確性を追求し続けます。

本日は本当にありがとうございました。

 

30日間無料体験お申し込み

お問い合わせ:Apotool & Boxサポートセンター

月曜日~金曜日(祝祭日を除く)10:00~18:00

TEL:03-6695-3868

Mail:support@stransa.co.jp

サポートチーム 門脇

サポートチーム 門脇

歯科受付・助手として8年勤務。一般歯科、口腔外科、矯正歯科、小児歯科、予防歯科に携わる。 歯科業界のIT化の遅れを肌で感じ、Apotool & Box を通じて業務の効率化、簡略化を提案。 予約管理システムとしてだけでなくコミュニケーションツールとしての同システムの可能性を感じており、カスタマーサポートスタッフとして医院の問題解決の一助になれるように鋭意努力中。

よく見られている記事

ページの先頭へ