fbpx

お役立ち情報

半年に一回の『一声活動』で、中断されている患者さんのケアをしてあげてください。

 

こんにちわ!! サポートチームの門脇です。私も8年間、歯科医院で勤務してきたのですが、そのときにも感じていたのですが、、、日々、医院さんにサポートの電話をしていると「中断患者さんのフォローができていない」というお声を頂く事が、多くあります。

ApotoolBoxでは、この中断患者を即座に抽出し、メールやはがきを出すことで、患者さんの側に寄り添ってあげることが出来るのです。

●Apotoolの導入を検討されている医院さんの多くがおっしゃいます。

mail「忙しくって、途中で来院されなくなった患者さんのフォローを全くできていなわ」その度に、私達は『半年に一回だけ、中断患者を抽出して、メールやはがきを送りましょう』と提案し続けています。

中断患者が発生する原因って、大きく分けて患者さんのサボタージュと医院のネガティブ評価の2つに別れるのですが、じつは、後者のネガティブ評価って案外少ないのです。Apotoolユーザーで検証をしてみると、30%にも満たないのです。

 

●患者さんが「忙しさにかまけて」「痛みがとれたから」みたいに、日々の雑用に流されているケースが圧倒的に多いのです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%952-1右の表のように、実際にキャンセルした患者さんは、心のどこかで「行かないといけないんだけどなあ」ってわかっているのですね。何となく後ろめたい気になっているのです。その「後ろめたい」というか「気まずい」と思っている患者さんに「一声活動」を行うことで、患者さんとの信頼感を築けるのです。むしろ、信頼関係を深めるチャンスなのです。 

●半年の一回だけのコミュニケーションですから、患者さんが「迷惑がらないかな」って言う心配も無用です。

mail%e5%8f%97%e4%bf%a1医院さんによっては、院外での患者さんとのコミュニケーションを良しとしていなかったり、メールを送りすぎると、ビジネスチックで、なんか医療機関としてどうなの?という言う意見もあります。でも、中断になった患者さんをそのままにしておくと、その患者さんは、どうなるのでしょうか?他の医院を探して治療をやるのか、または、どんどん症状が悪化していってしまうのか。

Apotoolでは、中断患者の最後の治療メニューが何だったのかが、すぐに分かるようになっています。根っこの治療の途中で、来なくなった患者さんのことを、少しだけ心配してあげる事が出来るのです。

 

是非、皆様の医院でも、中断されている患者さんに「一声活動」を行ってみませんか?

 

 

Apotoolのデモをご希望される医院さんは、サポートセンターまでご連絡ください。 

ApotoolBoxサポートセンター

03-6695-3868

平日 10:0018:00

土日祝はお休み

30日間無料体験お申し込み

お問い合わせ:Apotool & Boxサポートセンター

月曜日~金曜日(祝祭日を除く)10:00~18:00

TEL:03-6695-3868

Mail:support@stransa.co.jp

サポートチーム 門脇

サポートチーム 門脇

歯科受付・助手として8年勤務。一般歯科、口腔外科、矯正歯科、小児歯科、予防歯科に携わる。 歯科業界のIT化の遅れを肌で感じ、Apotool & Box を通じて業務の効率化、簡略化を提案。 予約管理システムとしてだけでなくコミュニケーションツールとしての同システムの可能性を感じており、カスタマーサポートスタッフとして医院の問題解決の一助になれるように鋭意努力中。

よく見られている記事

ページの先頭へ