fbpx

お役立ち情報

完璧な管理システムを求めていました。それは、医院の中心となるシステムの事です。

こんにちは。

今回は、導入してからまだ間もない青木歯科医院様のインタビューをお届けいたします。

%e5%85%88%e7%94%9f%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab_1    青木歯科医院

    院長 青木 仁 先生

          <主な経歴>

    出身
     日本大学歯学部
    所属・役職
     江東区歯科医師会会員
     江東区学校歯科医会会員

—予約システムに切り替えてからは変わったことはありましたか?1_1
これまでは電話を受けて紙のアポイント帳に記入をしており、一度書いてあったものを消して、別な日にちに書き直していたので、見過ごしたり、書いた人しかわからない事がありました。

また、意外とアポイントの日程以外にもアポイント帳に書く項目があって、患者さんの名前、カルテ番号、処置の内容や部位など、消しゴムで対応するのには限界を感じていたのです。
今回の狙いとしてはここの効率化と管理をしっかりと行うことで、「誰でもできる」アポ管理を実現させることですね。兎に角、正確性と再現性を高めたいですね。

 

—今まで、レセコンに備わっている予約システムがあるにもかかわらず、アポイント帳を使っていたのはどうしてですか?

2_2レセコンにも患者様のアポイント管理する機能はあったのですが、医院方針で患者様にメールやSMSで自動で連絡をしたり、Web予約も積極的に使っていきたかったので、それができないのであれば使っても仕方がないと思っていましたし、また、アポイント管理をレセコンでやっても初診、再初診のデータは分析できるのですが、キャンセルや中断管理となると、やはりレセコンに備わっている機能では無理があるとわかっていました。
色々な事を考えてもレセコンのアポイント機能では、やりたいことや取りたいデータなどを集めるのは無理なので、今回、Apotoolの導入を決めたのです。

 

 

—アポイント管理、医院の経営管理、Web予約、患者様へのメッセージ送信など これをそれぞれ別々なシステムで管理すると業務負担が増えていきますね。3_3

やっと、医院でも衛生士の確保もでき、スタッフの拡充もできてきました。これからは、Apotoolを予約管理だけでなく、患者さんの管理にも活用していくつもりです。
今、衛生士さんも担当制にして、よりきめ細やかなサービスを提供していこうと考えています。このような、医院運営の戦略を実行するにも、Apotoolは必ず役立つと確信しています。
世の中には、色々な予約システムがあるのですが、カルテを探さなくても患者さんの行動が管理でき、しかもスタッフが簡単に操作出来るシステム、それが最低条件で、その最低条件をクリアしているシステムって、他にはないですしね。
是非、私もどんどん管理面で活用していければと思っています。

 

—Apotoolを導入してからまだ間もない青木歯科様から、お話をお伺いしました。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

-ストランザでは、今まで以上に、ご契約頂いた医院様にApotoolをフルに活用していただけるようサポート体制も充実してまいります。

 

30日間無料体験お申し込み

お問い合わせ:Apotool & Boxサポートセンター

月曜日~金曜日(祝祭日を除く)10:00~18:00

TEL:03-6695-3868

Mail:support@stransa.co.jp

サポートチーム 門脇

サポートチーム 門脇

歯科受付・助手として8年勤務。一般歯科、口腔外科、矯正歯科、小児歯科、予防歯科に携わる。 歯科業界のIT化の遅れを肌で感じ、Apotool & Box を通じて業務の効率化、簡略化を提案。 予約管理システムとしてだけでなくコミュニケーションツールとしての同システムの可能性を感じており、カスタマーサポートスタッフとして医院の問題解決の一助になれるように鋭意努力中。

よく見られている記事

ページの先頭へ