fbpx

お役立ち情報

6月30日リリース予定!新機能のご紹介です。

 

中村「皆様こんにちは。Apotool&Boxサポートスタッフよりお知らせです。皆様にご愛顧いただいておりますApotool&Boxにつきまして、6月30日より様々な機能がアップデート予定となっております。以前より多数お問い合わせ頂いておりましたアイコンの検索など、沢山追加されたお役立ち機能を、ご紹介させていただきます!」

 

カレンダー表記が変更され、さらに便利に

竹内「まず、カレンダーでの表記が、新しくなりました。新しく、患者ランク・患者カラー・フラグの表示と遅刻率・キャンセル率が患者さまごとに表示されるようになりました!つまり、遅刻が多い方や、どういったキャンセルが多いか…一目でわかってしまうんです。」

中村「遅刻分数やキャンセル率で患者を検索することもできるので、中断患者になってしまいそうな方や、キャンセル常連者の把握をした上で患者にアプローチすることが出来るようになります。ちなみにこれらのデータは、半年前からの予約から統計で出しています。」

 

患者カラー例

竹内「次は患者カラーフラグについてご紹介いたします!患者カラーは患者ごとに色を付けることができるようになります。患者を学校別や地域別に分けたり、時間帯を色分けし、希望時間の色を設定するのに便利ですよ。

中村「例えば、9~11時を青・12~14時を黄色・15~17時を緑・18~20時を赤、と設定して患者様の希望時間を患者カラーで入れておくということですね!たしかに、メモに入れておくよりもパッと見て希望時間がわかれば受付業務の効率アップにつながりますね。」

 

竹内「次に、フラグ機能について紹介します。フラグは全部で5種類あります。こちらは予約ごとにつけることができるので、特定の診療メニューだけつければ、さらにわかりやすくなると思います。」

フラグ

中村「赤:医院都合での予約日変更していただいたもの、緑:リカバリー予約(キャンセルからの復活)、青:事前器具などの用意が必要な予約、橙:終了時間厳守、紫:治療終了後リコール移行予定などはどうでしょう?診療メニューにとらわれない分類分けに活用できますね!」

竹内「いいですね!もちろん、定期検診のみやオペのみにフラグをつけるなども活用できるかと思います!医院様に合った活用方法を私たちサポートでも提案させていただきたいですね!」

 

予約ダイアログから患者プロフィール変更が可能に

リマインダとか竹内「まだまだあります!予約ダイアログから患者プロフィール編集ができるようになりました。患者カラー編集・通知手段と種別設定の編集・患者ランク編集・アイコン選択(3つまで)・患者メモ編集・流入経路編集ができるようになりました!」

中村「通知種別も編集できるということは、会計時にメールアドレス取得をするのも楽になってきますね!また、アイコンや流入経路など、患者様の情報を編集しやすくなりました!これでもっと使いやすくなったと思います。」

 

 

中村「今回のリリースでは予約ダイアログが大きく変わりました。ぜひ医院様に活用していただきたいですね!」

竹内「私たちも、積極的に活用方法を提案させていただきます!」

今回のリリースは大幅変更がございます。ユーザー様にはメールにて事前通知を送らせて頂いておりますので、ご確認いただけますと幸いです。次回はキャンセル率や検索の仕方についてご紹介させていただきます。

医院の皆様、お困りのことがありましたら、お気軽にサポートスタッフまでご連絡くださいませ。

 

 

Apotool&Boxサポートセンタ

月曜日~金曜日(祝祭日を除く)10:00~18:00

TEL:03-6695-3868

Mail:support@apotoolbox.com

*Apotool&BoxのURLはこちらです↓

 www.apotool.jp

*Apotool&BoxのFacebookページはこちらです↓

 www.facebook.com/apotool.stransa

*Intelligenceのページはこちらです↓

https://apotool.jp/plan/intelligence 

30日間無料体験お申し込み

お問い合わせ:Apotool & Boxサポートセンター

月曜日~金曜日(祝祭日を除く)10:00~18:00

TEL:03-6695-3868

Mail:support@stransa.co.jp

サポートチーム 門脇

サポートチーム 門脇

歯科受付・助手として8年勤務。一般歯科、口腔外科、矯正歯科、小児歯科、予防歯科に携わる。 歯科業界のIT化の遅れを肌で感じ、Apotool & Box を通じて業務の効率化、簡略化を提案。 予約管理システムとしてだけでなくコミュニケーションツールとしての同システムの可能性を感じており、カスタマーサポートスタッフとして医院の問題解決の一助になれるように鋭意努力中。

よく見られている記事

ページの先頭へ