fbpx

その他

今、ストランザが取り組んでいること。

皆様こんにちは!Apotool&Boxマーケティングチームの上村梨子です。2017年も残すところあと1カ月となりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今年も医院の皆様のお役に立てるよう日々努力してまいりましたが、実は、現在、ストランザでは、さらなる進化の第一歩として、AIへの取り組みを行っています!

歯科業界でも活用され始めているAI技術


医院の皆様はAIという言葉を聞いて、どのようなことを思い浮かべますか?

私自身、人工知能という言葉は把握しながら、どのようなことを、どこまでできるのかということは、なかなか想像できなかったのですが、歯科業界でも、AIを使った取り組みは、すでに始まっているのです。

例えば、技工物を自動作成する技術や、CTやレントゲンなどの複数の診断情報による総合的な病状の判断、歯磨き指導など……。非常に多岐にわたって活用され始めていることが分かります。

 

ストランザの取り組み

さて、そのような流れの中で、ストランザは、いついかなる時でも医院様に、「患者様とのコミュニケーションの時間を創れる」ITサービスを提供できるよう、努力しております。この度の取り組みでも、その信念をもとにしたサービスを考えております。

ストランザが取り組んでいるAIは、更なる総合経営分析へと進化をさせるべく、インテリジェンスへのディープサーチ機能と予測モデルAI機能の搭載を始め、新たなサービスとして、自然言語認識AIを活用した患者様のご質問に自動で回答できる、ボットサービスまでにその応用範囲は広がっています。医院様のホームページはもちろん、診察券アプリなどにもお使いいただける次世代型のコミュケーションツールと進化させていきます。

 

インテリジェンスの進化

弊社大人気のサービスである、インテリジェンス。

今までは、医院の経営状況を数値化できる分析特化型のツールとして、予約データとレセコンから抽出した売上データを多角的に組み合わせることで、歯科医院様の経営指標を20種類以上のグラフで表現し、経営状況を可視化することで、課題の抽出も簡単にでき、スムーズな戦略立案をサポートいたします。

この機能に、複数のAIを搭載することで、さらに高度な分析や、「東京都で3チェアの医院の売上平均は?」などのご質問にも答えられるような唯一無二のサービスの展開を企画しております。

★インテリジェンスのサービスって?

経営分析特化型 Intelligenceプラン

チャットボットって何?これを導入するとどうなるの?

インターネットのサイト上で、サイトに訪れた方々が自由に質問や意見を投げられるチャットを表示させることができます。

これによって、24時間対応が出来ることは勿論、患者様にも気軽にご質問いただきながら、無人で対応することが出来るので、スタッフの手間をかけることなく、患者様の満足度向上することが可能になるのです。

しかも、返答できなかった質問があったとしても、学習しながら対応が出来るので、学習の機会を積めば、いちスタッフにも引けを取らない対応をすることができるのです!

これによって、スタッフが今まで対応していた時間は、リアルタイムで患者様とコミュニケーションするためにお使いいただくことも可能になります。

いかがでしたでしょうか。AIは、常に変化し続ける膨大なデータを処理できたり、間違っているものや不正なものを判断したりと、現在も様々なことに役立っていますが、このように、お客様の満足度を高めるお手伝いもすることができるのです。

ぜひ、今後のストランザのサービスにご期待ください!

Apotool&Boxサポートセンタ

月曜日~金曜日(祝祭日を除く)10:00~18:00
TEL:03-6695-3868
Mail:support@apotoolbox.com

*Apotool&BoxのURLはこちらです↓
 www.apotool.jp

*Apotool&BoxのFacebookページはこちらです↓
 www.facebook.com/apotool.stransa

*Intelligenceのページはこちらです↓
https://apotool.jp/plan/intelligence

30日間無料体験お申し込み

お問い合わせ:Apotool & Boxサポートセンター

月曜日~金曜日(祝祭日を除く)10:00~18:00

TEL:03-6695-3868

Mail:support@stransa.co.jp

サポートチーム 門脇

サポートチーム 門脇

歯科受付・助手として8年勤務。一般歯科、口腔外科、矯正歯科、小児歯科、予防歯科に携わる。 歯科業界のIT化の遅れを肌で感じ、Apotool & Box を通じて業務の効率化、簡略化を提案。 予約管理システムとしてだけでなくコミュニケーションツールとしての同システムの可能性を感じており、カスタマーサポートスタッフとして医院の問題解決の一助になれるように鋭意努力中。

よく見られている記事

ページの先頭へ