fbpx

お役立ち情報

【IT導入補助金2020特別枠】 歯科医院向け 採択のポイント

IT導入補助金採択のポイントを解説

先日、IT導入補助金2020特別枠(C類型)の9次公募が発表となりました。
この特別枠は採択されますと、3/4の金額が補助されるという大変お得な制度です。
おそらく今回の公募が2020年のラストチャンスと予想されるので、Apotool&Boxの導入をご検討中の歯科医院様はぜひお申し込みください!

ストランザは2017年より「IT導入補助金 支援事業者」として登録されており、これまでに300件以上の歯科医院様がIT導入補助金を活用し、Apotool&Box(以下、アポツール)をご導入いただきました。

今回は過去の実績を元に、歯科医院様がIT導入補助金を申請する際に気を付けるべきポイントをまとめました。

    <目次>

  • ・歯科医院で使えるIT導入補助金とは?
  • ・申請の際はここに注意!採択のポイント
  • ・弊社の申請サポートについて
  • ・アポツールで非対面化を促進!感染防止対策も万全です。

歯科医院でも使えるIT導入補助金とは?

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等に対して、生産性向上に資するITツールの導入時の経費を一部補助する制度です。医療法人でも個人経営の歯科医院様でも申請することができる唯一の中小企業庁の補助金です。

今年は新型コロナウイルスによる経済への影響を緩和を目的として、従来の通常枠よりも補助率を引き上げた「特別枠(C類型)」が創設されました。この特別枠(C類型)では非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備のためITツールを導入する事業者に対してかかる経費の3/4が補助されます!

アポツールでできる非対面化オペレーションついてはこちら

申請時はここに注意!!中小企業診断士が語る 採択のポイント

監修:内木盛人(中小企業診断士)

IT導入補助金はオンライン上で申請が完結し、他の補助金に比べて記入欄が少ないので、比較的申請が簡単という特徴があります。その為、形式要件をきちんとミスなく記載する、審査項目を公募要領に合わせて記入する等、丁寧に申請を行うことが重要です。

ポイント1 申請内容の不備
申請内容に不備があると原則不採択となってしまいます。間違いがないか丁寧に確認することで防ぐことができるポイントですので注意しましょう。

  • 例:よくある間違い
  • ・現住所を納税証明書等の添付資料の住所と不一致

ポイント2 添付書類の不備
申請の際には各種書類が必要です。添付する書類が間違っている、期限が切れている、さらにコピーが不明瞭ということで不備とみなされる場合があるので、ここも要注意です。

    • <必要書類>
    • 【法人の場合】
    • ・履歴事項全部証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
    • ・納税証明書(直近の法人税 その1またはその2)
    • 【個人事業主の場合】
    • ・運転免許証又は住民票
    • ・納税証明書(直近の所得税 その1またはその2)
    • ・確定申告書B(直近分)

ポイント3 事業計画の不備
申請の際には生産性向上を目的とした、事業計画を入力します。
経営状況のチェック項目で選択している内容が事業内容と合っているか、導入予定のITツールとの整合性が合っているか等の専門的な視点が必要となります。

  • <注意するべきポイント>
  • 「要領」に記載されている数値目標をクリアしていること
  • ┗労働生産性:1年後3%以上、3年後9%以上
  • ┗賃上げ計画:年率1.5%
  • ┗最低賃金が地域別最低賃金を上回るようにする
  • ※入力時に要件を満たしてなくても登録できてしまうので注意が必要です。

採択率85%‼︎ 専門コンサルタントが皆様の申請作業をサポートいたします。

ストランザでは専門のコンサルタント(中小企業診断士)による申請サポートを行っております!オンライン上で画面を共有をし、1つ1つ確認を行いながら申請サポートを行います。また診療後や夜の時間でも歯科医院様の都合の良い時間帯で申請作業を行うことが可能です。
※交付決定された場合、別途成功報酬として申請支援料金が発生いたします。
※申請手続きは入力項目等が多く申請完了までに時間を要しますのであらかじめご了承ください。
※申請作業は期限にゆとりをもって進めることで、申請内容の不備や書類間違を防ぐことができます。ぜひお早めにお申し込みください。

    • ストランザへの申請申し込みは2020年12月4日(金) 12:00まで
    • <9次公募スケジュール>
    • ・申請受付期間:2020年12月18日(金)17:00まで<予定>
    • ・交付決定日 :2021年1月27日(水)<予定>

 

 

アポツールで非対面化を促進!感染防止対策も万全です。

Apotool&Box(アポツール&ボックス)とは⻭科専⽤に開発されたクラウド型システムです。
院内外でいつでもアクセスが可能で、非対面でも24時間情報共有が可能です。歯科医院の管理業務おたすけツールとして、スタッフの業務を軽減し、「予約管理」「患者管理」「メッセージ送信」「患者コミュニケーション」が快適になります!充実したオプション機能も併せて活用していただくことで、歯科医院の非対面化を促進します。

30日間無料体験お申し込み

お問い合わせ:Apotool & Boxサポートセンター

月曜日~金曜日(祝祭日を除く)10:00~18:00

TEL:03-5843-7526

Mail:support@stransa.co.jp

サポートチーム 門脇

サポートチーム 門脇

歯科受付・助手として8年勤務。一般歯科、口腔外科、矯正歯科、小児歯科、予防歯科に携わる。 歯科業界のIT化の遅れを肌で感じ、Apotool & Box を通じて業務の効率化、簡略化を提案。 予約管理システムとしてだけでなくコミュニケーションツールとしての同システムの可能性を感じており、カスタマーサポートスタッフとして医院の問題解決の一助になれるように鋭意努力中。

よく見られている記事