Body1

Medical Boxでの画像連携について

アポツールのメディカルBOXは、各メーカー様との画像連携を進めております。現在、以下メーカーの対象機種で撮影したレントゲン画像や口腔内写真を、アポツールのメディカルBOXに自動で取り込むことが可能です。これにより、スピーディー且つ効率的な画像の管理を実現致します。(※連携作業費用あり)
               

対応画像連携メーカー・機種 (2022年3月現在)

                                                                                                                                          
連携会社サービス名
デンツプライシロナSIDEXIS 4, SIDEXIS XG
朝日レントゲン工業株式会社NEOPREMIUM2
株式会社アールエフNDS (NAOMIシリーズ)
KaVoCLINIVIEW
ジェノレイTRIANA
アイキャットCDX-VIEW
長田電気工業DDX-S3
株式会社ライズWinCeph
株式会社ジーシーRomexis
Planmeca Japan 株式会社Romexis
株式会社APPSOL(オプテック北海道)おてがるMAX
株式会社Ray JapanRAYSCAN
株式会社歯愛メディカルEzDent-i Ver3.1.5.1以上
株式会社松風アイスペシャル C=II、C=III、C=IV
(参考動画はこちら)
富士通ScanSnap iX1500, iX1400, iX1600
(参考動画はこちら)
株式会社 mil-kinm-Platform(機器:mil-kin C-Type)
(参考動画はこちら)
有限会社イポナコロジー位相差顕微鏡

※ DICOMは非対応

※ 連携作業については別途お問い合わせください

※ バージョンによっては連携できない可能性があります。メーカー担当者にご確認お願いいたします。

※ カボデンタルシステムズ株式会社の連携アプリケーションが必要です。

※ 株式会社 mil-kinのm-Platform(機器:mil-kin C-Type)は連携費はかかりません。

その他連携対応メーカー

 
連携会社サービス名
株式会社NNGPLUM CONNECT自動精算機
株式会社新世紀自動精算機
(参考動画はこちら)
株式会社日興電気製作所CTI
シチズン・システム株式会社レシートプリンター
(参考動画はこちら)
パナソニック株式会社リライトカード JT-KP41U

※ 既存設定によって対応できない機種や環境があるので詳細はストランザまでお問い合わせください。