fbpx

お役立ち情報

【締切間近!!】医療法人も利用可能なIT導入補助金2020特別枠とは?対象事業者やツールなどをご紹介

ストランザへの申請の締め切りは【2020年10月16日(金) 12:00】まで

お申し込みはこちらから↓↓
<IT導入補助金お申し込みフォーム>
https://forms.gle/wDUk4Qw1obQysb596

新型コロナウイルス感染拡大により多くの事業者が事業方針の転換を余儀なくされています。アフターコロナ時代の事業継続には、従業員と顧客の接触を可能な限り避けて、可能な限りウェブ上でやり取りすることが求められています。そしてそれは医療法人も例外ではなく、患者様のことを考えたITツール設備・システム投資が必要でしょう。そこで活用したいのが、政府が運営しているIT導入補助金制度です。ここでは、医療法人も利用できるIT補助金2020特別枠の概要や対象事業者等を紹介します。

IT導入補助金特別枠(C類型)の概要

ここでは、IT補助金の概要を解説します。

そもそもIT導入補助金とは?

IT導入補助金は2017年度から始まった、ITツールを導入時の経費の一部を補助する制度です。対象である中小企業・小規模事業者等は自社の課題を解決するために活用できます。2020年度、新型コロナウイルスによる経済への影響を緩和するために従来の通常枠よりも補助率を引き上げた「特別枠(C類型)」が創設されました。

コロナ対策とは関係なく一定の要件を満たすことで補助金を受け取れるA・B類型とは異なり、特別枠(C類型)はコロナ対策として役立つ投資に対して補助金が支払われます。特別枠(C類型)の対象になる新型コロナウイルスが与えた影響への対策や同感染症の拡大防止策は、具体的に以下の3つ挙げられます。

  • ・サプライチェーンの毀損への対応
    新型コロナウイルスの影響によって入手できなくなった原材料や部品を国内生産するために必要な設備投資・製品開発
  • 非対面型ビジネスモデルへの転換
    非対面(遠隔)でサービスを提供するビジネスモデルへ転換するための設備投資
  • テレワーク環境の整備
    テレワークで仕事が進められる職場環境整備のための設備投資

 

特別枠(C類型)の補助額は、以下の通りです。

  • ・補助率:サプライチェーンの毀損対策…3分の2以内、非対面ビジネスモデルへの転換・テレワーク環境の設備…4分の3以内
  • ・補助上限額:450万円
  • ・補助下限額:30万円

補償対象経費には、機械装置購入費や新商品の開発費、広報費、資料購入費や外注費などが含まれます。

特別枠のスケジュール

特別枠(C類型)の8次公募のスケジュールは以下が予定されています。

  • ・申請受付期間:2020年11月2日(月)の17:00まで
  • ・交付決定日:2020年11月27日(金)
  • ストランザへの申し込み:2020年10月16日(金) 12:00まで

なお、スケジュールは変更になる場合がありますのでご注意ください。

IT導入補助金の対象となる事業者

IT導入補助金の対象となるのは中小企業と小規模事業者です。業種や事業形態によって資本金と従業員の上限が異なるため、注意が必要でしょう。例えば医療法人の場合、資本金の制限はなく、常勤の従業員300人以下の事業者が補助対象です。主に以下の個人・法人である必要があります。

  • ・交付申請時点において日本国内で登録されており、国内で事業を行っている
  • ・交付申請の直近の月において、申請者が営む事業場内最低賃金が法令上の地域別最低賃金以上である
  • gBizIDプライムを取得している

※「gBizID」とは、1つのID・パスワードで様々な行政サービスにログインできるサービスのことです。gBizIDプライムアカウントを取得していない場合は、申請が必要です。上記以外にも対象となる事業者の要件がありますので詳しくは、こちらのサイトをご参照ください。

医療法人でITツールを導入する3つのメリット

医療法人において、ITツールの導入は様々なメリットがあります。ここでは、医療法人がITツールを導入するメリットを3つに整理して解説します。

メリット1 予約情報を即時・同時に確認できる

ITツールによって予約情報を即時・同時に確認でき、利便性が高まります。

ある医院では予約管理を紙ベースで行っていたため、複数のスタッフで同時確認ができない、手書きだから何度も修正が加えられている箇所は見づらいなどの課題がありました。

しかしITツールを導入により、治療内容をメニューから選べるようにし、表記の画一化を実現しました。表記が統一化されたことで、予約内容の見やすさも大きく向上し、現在では予約状況の確認がスムーズに行えるようになりました。詳しい内容はこちらからご確認いただけます。

 

メリット2 予約のバッティングを防止できる

ITツールを導入することで、予約のバッティング防止が期待できます。

ある医院ではアポイントのバッティングが度々発生しており、技工物の管理が不十分で医院経営の戦略立案がスムーズにできませんでした。しかしITツールを導入することで患者情報や予約情報を活かしたアポイント監理が可能となり、技工物の未検収・未セットもなくなりました。

また、蓄積された分析データによって、効果的な戦略の立案にもつながっています。詳しい内容はこちらからご確認いただけます。

 

メリット3 お客様情報の管理が簡単に行える

ITツールを活用すれば、お客様情報の管理もスムーズになります。紙ベースでの管理では、連絡履歴などの知りたい情報を探すだけでも時間がかかってしまいます。しかしITツールを導入すれば連絡するべき顧客の情報がデータ化されるため管理がしやすくなり、連絡もスムーズに行えるようになります。

 

IT導入補助金特別枠の対象!歯科専用のクラウド型システム Apotool&Box for Dentist

歯科医院のITツールとしては、IT導入補助金特別枠の対象にもなっている歯科専用のクラウド型システム「Apotool&Box f0r Dentist」が最適です。

ここでは、Apotool&Box for Dentistの特徴・機能を紹介します。

単なる予約システムに留まらないApotool&Boxとは

Apotool&Box fr Dentistとは、歯科医院専用に開発されたクラウド型システムです。予約管理や患者管理、メッセージ送信や患者コミュニケーションを快適かつスムーズにします。

 

非対面・非接触のサービス提供を可能にします

Apotool&Box for Dentistには、歯科の非対面・非接触でのサービス提供を可能にする機能が多数搭載されています。

◆QRコードによる自動来院受付

診察券アプリのQRコードによる自動来院受付機能を利用すれば、院内の混雑が防止できます。

玄関前にQRコードリーダーを設置することで、院内で待たなくても患者様自身で受付が完了します。診察準備が整った段階で患者様を招き入れられるため、患者様の利便性も高まるでしょう。アプリの導入により診察券のやり取りがなくなるので、診察券代のコストカットができます。

◆キャッシュレス機能ささっとPay

キャッシュレス機能である「ささっとPay」は、診察費のやり取りをキャッシュレスで行えます。診療費やセルフケア商品購入費用の支払いが診察券アプリ上でできるため、現金・お札の取り扱いが減り、衛生的です。

また、診察費用のやりとりがスムーズになることで、受付業務の負担削減や待合室の混雑防止も期待できます。スマホをタップするだけなので手続も簡単であり、患者様の利便性も高いです。

◆オンライン診療機能

オンライン診療機能によって、非対面での診療が可能になります。

Apotoolのオンライン診療機能を利用することで、URLをクリックするだけでアクセス可能のため、インストール作業に慣れない患者様でも簡単に受診していただけます。医院様のホームページに予約受付のリンクを貼るのも簡単にでき、患者様の利便性向上につながります。

非対面化を推進している医院様の導入事例はこちらから↓↓

しんぽ歯科医院

和光市デンタルオフィス インプラント・矯正ステーション

満足度98%!日々の業務をお手伝いします

Apotool&Box for Dentistの満足度は98%と高く、歯科医院様の日々の業務を強力にバックアップいたします。

例えば、予約確認メールを活用すればキャンセル削減につながり、稼働率のアップが期待できます。他にも、リコールや術後のお知らせを自動配信することで積極的なコミュニケーションが図れ、定期健診型の診療につながるでしょう。専用予約ページも比較的簡単に作成できるため、PCやスマホから気軽に予約できる様になり、新規予約の増加も望めます。

 

Apotool&Boxは手厚いサポートも充実

Apotool&Box for Dentistのサポートチームは全員が歯科医院勤務経験者であり、以下3チームに分かれて手厚いサポートを実施しています。

  • ・導入サポートチーム
    Apotool&Box for Dentistのスムーズな導入をサポートします。オプションで医院様への訪問による導入支援(有料)も行っておりますので、導入に関する不安が大きい方にも安心してご利用いただけます。

 

  • ・カスタマーサポートチーム
    Apotool&Box for Dentistの導入後に、基本的な使用方法や設定方法をチャットや電話で気軽にご質問いただけます。スタッフはもちろん歯科医院勤務経験者であるため、短い時間で的確な回答をいたします。

 

  • ・カスタマーサクセスチーム
    Apotool&Box for Dentistをより便利に使いこなしていただくためのレクチャーを行っています。カスタマーサクセスチームはApotoolを詳しく知りたい!という声にお答えして、一歩進んだApotoolの活用方法を伝授いたします。

30日間無料体験お申し込み

お問い合わせ:Apotool & Boxサポートセンター

月曜日~金曜日(祝祭日を除く)10:00~18:00

TEL:03-5843-7526

Mail:support@stransa.co.jp

サポートチーム 門脇

マーケティングチーム 柴田

大学で健康心理学、ヘルスコミュニケーションを専攻していたことから、同業界に興味を持ち、ストランザの広報・マーケティング担当となる。単なる予約管理システムにとどまらない、患者管理・経営管理システムとしての「Apotool&Box」の魅力・可能性をどんどん発信していきたい。

よく見られている記事